カレー好きのポケダン攻略

主にポケダンのLvリセットダンジョン攻略について載せていくブログ。たまに他のことも書きます

このブログについて

カレーライスとゲームが大好きな人のブログ。主にポケダンのLv1ダンジョンを攻略しています

【内容】
だいたいLvリセットダンジョンについてのクリアレポート(と自分の反省)、時々Lv1ダンジョンの雑談やポケダンの話について書いてます。記事に関しては更新することもあります。たまに風来のシレンについても書くかもしれません

【ダンジョンの成果】
・うんめいのとうは100体以上攻略。ソーナンスアンノーンなどクリア済み
・きよらかなもりは最近やり始めたので鋭意攻略中
・最近は究極の荒野やDX清らかな森などにも挑戦中

とりあえずうんめいのとうはΩランクまでクリアしたいのでソーナノとかコクーンとかのクリアを目標に頑張っています。きよらかなもりの目標は未定

こんな内容のブログですがよろしくお願いします。よければコメントとか頂けると嬉しいです

マグナゲート☆ランク感想

☆ランク3体で究極の荒野を踏破したので☆ランクの総評をしていきたいと思う

まず3体の共通点として非常にステータスが高い。レベルが上がりにくいがそれでも順当に上げていれば4値が70〜80、最低でも60くらいなため安易に倒されにくいためレベルアップの遅さはそこまで欠点にはならないのは魅力。そしてここからは個別に解説していく

トルネロス
最初からさわぐを覚えている。さわぐはタイプ不一致だが彼が使うなら話は別。高いステータスなので序盤はさわぐだけでほぼ倒せるし部屋技はいあつのスキルを無視できるのでこれを連打してるだけでも強力。地味にさいみんじゅつなどを無効化するのも嬉しい。習得技の関係上いわタイプが厳しいがかみつくで対抗可能なため高いステータスも相まって苦手な相手が少ない

欠点はガントルエンブオーなどの連続岩技持ちに弱いこと。特にガントルは場違いレベルの強さなのでロックブラストが全弾命中したらいくら☆ランクでもどうしようもない。エンブオーのころがるもむこうのステータスの高さもあって不一致でも危険なため彼らには気をつけていきたい。また、技が単発なのでふんばりスキルが厳しい。そのためさわぐなどで遠距離から倒しておきたいところ

ボルトロス
大体トルネロスと使い方は同じだがでんげきはというチート技を覚える。これはいあつどたんばを無効化するというとんでもない技で実質ふんばりスキルしか脅威にならない。しかも範囲攻撃なのでまとめて敵を倒してしまえる。究極の荒野の強敵のダイケンキも2体まとめてワンパンなんてこともあった

欠点もトルネロスと同じくガントルなどが怖い。そしてゴルーグにさわぐやでんげきはの効き目が薄いこと。特にノーマル、でんき技しかなければころがるで倒されかねないためかみつくを入れておきたい。そのためトルネロスに比べるとじめんタイプに弱め

そしてこの2体は勧誘難度が恐ろしく高い。各種タイプのギフトさえ持ってれば仲間にはなるが迷い込みの黄金の間 最深部にしか出ず、出現ポケモンの多さもあって勧誘が非常に難しい。おまけにトルネロスゾロアゾロアークが化けている可能性もある。そのため強さは☆ランクだが勧誘難度も☆ランクという困ったポケモンなためはっこうミルホッグを使ってとにかくめげずに頑張りたい

ランドロス
トルネロスボルトロスの違うところはさわぐがない。そのため近接のみで頑張っていくことになるが代わりにマッドショットが超強化されており鈍足にして一方的に倒す戦法が非常に強い。更にガントルエンブオーに対して強いため上記2体の欠点を克服しているのも魅力。おまけにスズカゼ草原の8Fに行けば普通に出会えるため勧誘が非常にやりやすいのも嬉しい

欠点は技の命中率が低いこと。マッドショット以外は軒並み命中率が低いためVウェーブで命中率の強化を図っておきたい。そして全体技がないのも痛く、序盤のがんせきふうじの弱さもあってフリージオが厄介。ダイケンキもいあつが絡むと倒されやすい。そのため個人的にはトルネロスボルトロスにはほんの少しだが劣ってしまうように感じる

まとめ
個人的にはボルトロストルネロスランドロスという感じ。いたずらおっさん達が強すぎるだけでランドロスも非常に強い。個人的には勧誘の面からランドロスがおすすめ

風来のシレン5 人生の落し穴クリア

人生の落し穴をクリアしました

 

冒険の流れ

かなしばりの杖と身代わりの杖を入手したので3Fで強引に草鳥稼ぎを行う。ちからが24まで上がったのでもう楽勝だった。武器は朱剛石セットにする

また4Fで拾った魔物部屋の巻物を祝福ループで繰り返し使っていき祝福を絶やさないようにしたので道具がかなり集まったしシレンのHPを120程まで上げていった。そして15Fで昼の盾を入手。今回は印にした

30F台では混乱よけの腕輪を使い大根対策をする。シャーガやゴウジョウ戦車はそれぞれ特効を入れていたので楽勝だった。そして36Fでダメ押しの草鳥稼ぎを行う

その後はなるべく即降りしていく。睡眠よけの腕輪を直前に入手したので眠り大根は大したことはなかったがカッパがとにかくウザかった

ラストはとにかく即降り。途中でガラ魔道士とデスヘッドのコンビにボコボコにされて一乙。他にもみだれ大根がとにかくウザかったがシレンが超強化されているので眠り大根の方が脅威だったかも。戦車は冷え冷えを使って完封し何とかクリア

 

感想

シレンがレベルアップしないので能力が全く上がらないのだがその分能力アップの道具や手段があるので一見厳しいが抜け道はあるダンジョン。今回は草鳥稼ぎを使用した

初めて99Fダンジョンを制覇したが序盤の草鳥稼ぎと魔物部屋ループが決め手になったと思う。草鳥稼ぎは目配り香の壺があるなら草老い鳥の所でもやる価値はあるかも

後は大根対策だろうか。草鳥稼ぎをしっかりやっているならみだれ大根に狂戦士にされても敵とタイマンができるのでそこまでだと思ったがめまわしとねむりは強敵とセットでいるのでそれぞれ対策の腕輪が欲しい。特にねむり大根とチドロのコンビは危険だし眠らされた後に印を次々に剥がされるとハードをかち割りたくなる衝動に駆られるので絶対に欲しい

個人的には結構面白いダンジョンだった

〜草鳥稼ぎについて〜

ここの草鳥稼ぎとは針・草○どり種の習性を使うテクニックである。まずは壁に草を置き、そこに敵を置いてその敵をかなしばり状態にする。そうすると針・草○どりが集まってくるためその草の周りに鳥たちを集まらせて草親どりに草を投げてもらいシレンを強化してもらうというものである。人生の落し穴はほとんどの草がプラスの効果なのでこのテクニックはデメリットがほとんどない

使った道具としては

・身代わりの杖(3Fで敵を身代わりにして攻撃した針子どりが進化させるために使用。36Fでは最初から草親どりが出てくるためいらない)

・かなしばりの杖(3F、36F両方で使用。草を置いてその上に乗った敵をかなしばりにする)

・適当な草(3、36Fで使用。壁際に置いて敵をその上に乗せる。針子どりが乗ると草を纏ってしまうためそれ以外の敵がいい)

・あかりの巻物(36Fで使用。後述のタイガーウホホ用)

の4つ。他にも2体以上の敵に囲まれた際に困った時の巻物を使って敵をかなしばりにする手もある(コメントで指摘して下さりありがとうございます)。後はだだっ広い部屋で行えればOK

構図としては先程の36Fのこれ

ここでは草の上にタイガーウホホを乗せてかなしばりにして後は右側から草が飛んでくるのを待つ状態となっている

ここで注意しておきたい点として

・草を投げてもらう際にはかなしばり状態の敵に草が当たらないようにする

・36Fの場合タイガーウホホにかなしばり状態の敵やシレンを投げられないようにする

の2つ。前者はシレンとかなしばり状態の敵が一直線にならないようにすれば簡単だが、後者のウホホは厄介で気付けば勝手に投げてくることもあるためなるべく出入口付近に注意したい。そのため36Fではあかりの巻物が必須となる。また草親どりも稼ぎの最中は貫通した草によって能力が上がっているため、投げられると結構危ない。そのためウホホは場所に気をつけてとにかく最優先で始末したい

後は高確率でドラコン草を投げられているので草鳥稼ぎを終えたらさっさと降りましょう。間違っても合成しようとしてはいけません。僕は合成した武器を投げて武器を無くして泣く泣くリタイアするはめになりました…

 

 

ダイケンキで究極の荒野クリア

ダイケンキ(A)で究極の荒野をクリアしました









冒険の流れ
1〜11F
巡回。メガホーンがかなり強くワシボンすらワンパンすることも。そのため相手を選ばず優位に進められた

12〜27F
巡回。ここでぱっちりメガネやかいふくリボンなどを入手。毒で倒されたりチュリネにハメ倒されたりとろくなことが起きなかったのでチュリネ地帯だけは即降りでいい。ブラッキーにはメガホーンが刺さるのでブラッキーで経験値を稼ぐ

28〜49F
即降り。キーのハチマキを入手したのでドレディアメガホーンのカモ。43Fでみずのはどうを習得し、この辺でふっかつのタネも補充できたのでだいぶ有利になった

50〜59F
ここの強敵達に対してはかなり強いため隣接されなければ楽。ジャローダメガホーンの一撃で倒せることもあった。しかしこちらも危ないため基本は即降り

60〜80F
岩や地面勢が多いので巡回。アクアジェットを習得したので更に遠距離に強くなった。ワルビアルなどみずのはどうで楽に倒せるためここで経験値を稼ぐのもあり。ただしアバゴーラには注意

81〜98F
即降り。ボーマンダドクロッグなど技が通りにくい相手が増えてくる。特にかんそうはだドクロッグは水技が通らずメガホーンも効きづらいのでかなり厄介だった

使ってみた感想
序盤のチュリネ地帯が怖い。まあダイケンキに限らずチュリネは危険なのでなるべく即降りでいきたいところだった。最初からメガホーンを覚えているのは大きく序盤はもちろん中盤以降もサブウェポンとして優秀なためこれは忘れないようにしたい。その後はみずのはどうによる遠距離攻撃がメインの立ち回りとなる

道具は最初はみとおしメガネが欲しくて、これがあれば更に有利に進められるがダイケンキはステータスが高めな上に遠距離や近距離もどちらも対応できるためそこまで依存度はなく見つけたらラッキーぐらいのものだと思う

ランクはAの中でもかなりの強さだと感じた。やはり遠距離技があるのはこのダンジョンにおいては有利だった

トルネロスで究極の荒野クリア

トルネロス(☆)で究極の荒野をクリアしました









冒険の流れ
1〜11F
ねじりハチマキを入手。ひこうのVウェーブを発動させているとワシボンが怖いのでいばるを使って倒していく

12〜27F
巡回。りゅうのいかりは☆ランクでも怖いのでキバゴに注意しておく

28〜49F
経験値を稼ぐためなるべく広い部屋で稼いでいく。そうすればガントルも倒せるためふっかつのタネなど余ってたら稼ぐのも手だと思う。ドレディアはフラフラダンスされてもさわげばOK

50〜59F
ここだけは即降り。アーケオスエンブオーは☆ランクでも脅威なので油断しないように

60〜98F
巡回。ボーマンダに気をつけるくらいか。ボルトロスと違って地面勢にはエアカッターやかぜおこしが通るので結構有利に進められた

使ってみた感想
やはり☆ランクだけあって強い。でんげきはのようないあつどたんばを無視する技がないため流石にボルトロスには劣るもののそれでも並のポケモンの追随を許さない強さはある

前半はさわぐを主軸にして後半はかぜおこしやエアカッターを育てていく形となった。技が単発技しかないがトルネロスがかなり強いため反撃は気にならないだろう

ランクは☆ランクで妥当。例によって勧誘の難しさも☆ランクなのでゾロアゾロアークのイリュージョンにめげず頑張って勧誘しましょう

クルマユで究極の荒野クリア

クルマユ(B)で究極の荒野をクリアしました









冒険の流れ
1〜11F
貧弱なのでワシボンがかなり怖い。そのためくさぶえで眠らせて倒していく。ここでねじりハチマキを拾いメイン装備とする

12〜27F
能力がどんどん伸びていくためここで少し稼ぐ。クリムガン地帯は経験値が多いのでキバゴに気をつけながら稼いでいく。ねじりハチマキもあるのでブラッキーなどでも稼ぐ

28〜49F
即降りせずにガントルも倒していく。先手を打ってくさぶえで眠らせれば大したことはないためみとおしかひかりのたまがあるなら稼ぐべき。ドレディアもむしくいで何とかなる

50〜59F
エンブオーアーケオスがかなり怖いので即降り。途中でつうかスカーフを泥棒していくがほとんど使わなかった

60〜80F
巡回。じめんタイプが多くなるのではっぱカッターがかなり刺さる。バッグを荒らすハハコモリバオップバルチャイに注意していきたい

81〜98F
ボーマンダバルジーナが怖いので即降り。ラストはしあわせのタネを食べまくってクリア

使ってみた感想
最初は貧弱だが成長率は良くなっていくのでワシボン地帯が1番の鬼門か。物理方面の耐久がかなり高いので弱点を突かれても実はそんなに大したことはないこともあるため弱点が多い割にはかなりしぶとい。ただエンブオーアーケオスボーマンダなどの高レベルのポケモンは要注意

技ははっぱカッター、むしくい、たいあたり、くさぶえで挑戦したがたいあたりの代わりにいとをはくを入れるのもオススメ。先駆者の方の技構成がそれだったので今回はたいあたりを入れてみたがそんなに問題はなかった

ランクはA寄りのBだと思う

ズルズキンで究極の荒野クリア

ズルズキン(A)で究極の荒野をクリアしました








冒険の流れ
1〜11F
ゴビットはだましうちで余裕だがワシボンが怖いので即降り。この辺はねじりハチマキを拾ったので快適だった

12〜27F
巡回。クリムガンモノズを倒しまくる。だましうちが強いのでバルチャイに注意してここで稼ぐのもあり

28〜49F
ガントルは威張って対処する。問題がチャオブーでVウェーブをかくとうにしていたのでつっぱりがめちゃくちゃ怖かった

50〜59F
エンブオーアーケオスがかなり怖い。この辺はワープスカーフを使ったがなかなか階段に辿り着けず地獄のような時間だった

60〜80F
そこそこ有利だがふっかつのタネが無かったのでワープスカーフで即降り。バオップバルチャイに注意する。敵のズルズキンもかなり危険

81〜98F
ゴルーグはだましうちでワンパンできるしゴチルゼルにもかなり有利。とびひざげりを習得したのでバルジーナを一撃で落とす高火力振りを堪能してクリア

使ってみた感想
正面技だけなのでいあつに引っかかりやすく苦しい冒険だったがとびひざげりの火力は魅力的だったのでそこが楽しめる。特性がだっぴなので状態異常に強いのもポイント。いばるやこわいかおなど有用な状態異常があるのも良い

今回はVウェーブをかくとうにしたのが失敗だった。かくとうタイプエンブオーなど強敵に適用される上に自身の弱点でもあるので縛りプレイ気味。あくタイプはバルジーナくらいしか死因にならないので遊ぶならあくタイプにしてから臨みたい

ランクはAの中では少し難しかった

ワシボンで究極の荒野クリア

ワシボン(A)で究極の荒野をクリアしました








Vウェーブ 値切り 命中アップ

冒険の流れ
1〜11F
ぱっちりメガネやワープスカーフを入手。みだれづきで楽々突破…かと思いきや同族がなかなか怖い。HPも低めなので悪天候になったらさっさと移動する

12〜27F
27Fでみとおしメガネを入手。りゅうのいかりがなかなか脅威なのでなるべく即降りする

28〜49F
即降り。意外にもガントルはつめとぎみだれづきで倒せるが相手しないほうがいい。ドレディアは面倒くさいので即降り

50〜59F
つっぱりであっさりやられるので即降り。ここに来るとHPの低さが響いてくる

60〜80F
ふっかつのタネを補充しまくりつうかスカーフを購入。部屋だとガマゲロゲが一方的に攻撃してくるのでちょっと厄介。悪天候にしてくるのでさっさと降りる

81〜98F
みだれづき無双。マンムーオノノクスにちょっと気をつけるくらいでいいかも。いあつ以外はそんなに脅威に感じない階層だった

使ってみた感想
荒野の強敵。プレイアブルとして使ってみるとその強さを遺憾なく発揮してくれるが正面技しかないのでスキルの餌食になってしまうことも多い。HPもやや低めなので連続技持ちには特に注意した方がいい

特性はするどいめがいい。ちからずくは適用技がないのでほぼ死に特性。まあつめとぎで命中が上げ放題だったりねじりハチマキで問題ないので最序盤くらいが一番輝くだろうか

正面技が多いのでAの中では少し難しかった

NNは荒野のワシボンがバ〇ボンと呼ばれていることから。子供の割に高い戦闘能力を持っているのもある